Tag Archives: featured

NodeMcu (5) Pulse Sensor

Published by:

ESP8266でHeart Rate Monitorの表示は、色々と試してうまい表示方法はなかなか見つからない。
たまたま検索キーワードは”Pulse Sensor Arduino OLED”に変えて、参考にできそうなサイトはいくつ見つかった。
その中、”Online Heart Rate Monitor Using NodeMCU and Cayenne”「参考1」はイメージに近い。
Pulse Sensorについて、下記のサイトへどうぞ。
https://pulsesensor.com/

Pulse Sensorなどの部品があるので、早速実験。しかしコンバイルすると、Cayenne関連のエラーは出た。
Cayenneサービスは古いようで、適切なサービスが見つからない。OLEDでのMonitorは目的、Cayenneのサービスどうでもいいので、コメントアウトした。
それからPulse Sensorのライブラリも変わる。以前がここ;
https://github.com/WorldFamousElectronics/PulseSensor_Amped_Arduino
今はここ;
https://github.com/WorldFamousElectronics/PulseSensorPlayground
例のソースコードは、古いライブラリを使うから、そちらをダウンロードして利用。

表示はうまくできた。しかしPulse Sensorの精度はいまいち。
「参考1」の波形は、どうしてまともに表示されるね。

安定して表示できないから、このPulse Sensorは実験のみの意義かな。
参考:

  1. https://www.instructables.com/id/Online-Heart-Rate-Monitor-Using-NodeMCU-and-Cayenn/

 

Arduino NANO (7) ADS1115 for A/D

Published by:

経緯

ADS1115を購入して、生体信号のAD変換に利用するつもりだが、うまくいかない( WeMos (b9) ADS1115 for A/D 参考)、正しい電圧が表示されない。

そこで、Arduino NANOのチュートリアルを探して、検証することに。

ハードウェア

ADS1115とArduino NANOはI2Cで接続。

ソフトウェア

「参考1」コードそのまま。

#include <Wire.h>
#include <Adafruit_ADS1015.h>

Adafruit_ADS1115 ads;  // Declare an instance of the ADS1115

int16_t rawADCvalue;  // The is where we store the value we receive from the ADS1115
float scalefactor = 0.1875F; // This is the scale factor for the default +/- 6.144 Volt Range we will use
float volts = 0.0; // The result of applying the scale factor to the raw value

void setup(void)
{
  Serial.begin(9600); 
  ads.begin();
}

void loop(void)
{  

  rawADCvalue = ads.readADC_Differential_0_1(); 
  volts = (rawADCvalue * scalefactor)/1000.0;
  
  Serial.print("Raw ADC Value = "); 
  Serial.print(rawADCvalue); 
  Serial.print("\tVoltage Measured = ");
  Serial.println(volts,6);
  Serial.println();
  

  delay(1000);
}

結果

うまくいく!

電池の電圧はちゃんでシリアルモニターに表示。

参考

 

http://henrysbench.capnfatz.com/henrys-bench/arduino-voltage-measurements/arduino-ads1115-differential-voltmeter-tutorial/

Arduino NANO (2) 1602 LCD i2c 表示

Published by:

1602 LCD直接繋ぐと、6つのデジタルポートを占有(4つデータワイヤ+2の制御ワイヤが必要)し、GPIOはたくさん消耗するので、i2cを利用すると2つのアナログポートが足りる。

WeMosで試すと、うまくいかないので、より汎用のこのNANOで試す。すんなりうまくいく。

I2C インターフェイス SDA、SCL は Arduino Nano ではそれぞれ A4、A5 です。

Arduino Nano
SDA A4
SCL A5

 

サンプルプログラム。

#include <LiquidCrystal_I2C.h>

LiquidCrystal_I2C lcd(0x27,16,2);

void setup() {
  lcd.init(); 
  lcd.backlight();
  lcd.setCursor(0, 0);
  lcd.print("Hello, world!");
}

void loop(){
  // set the cursor to column 0, line 1
  // (note: line 1 is the second row, since counting begins with 0):
  lcd.setCursor(0, 1);
  // print the number of seconds since reset:
  lcd.print(millis() / 1000);
}

写真も後ほどに。