Arduino NANO (2) 1602 LCD i2c 表示

Published by:

1602 LCD直接繋ぐと、6つのデジタルポートを占有(4つデータワイヤ+2の制御ワイヤが必要)し、GPIOはたくさん消耗するので、i2cを利用すると2つのアナログポートが足りる。

WeMosで試すと、うまくいかないので、より汎用のこのNANOで試す。すんなりうまくいく。

I2C インターフェイス SDA、SCL は Arduino Nano ではそれぞれ A4、A5 です。

Arduino Nano
SDA A4
SCL A5

 

サンプルプログラム。

#include <LiquidCrystal_I2C.h>

LiquidCrystal_I2C lcd(0x27,16,2);

void setup() {
  lcd.init(); 
  lcd.backlight();
  lcd.setCursor(0, 0);
  lcd.print("Hello, world!");
}

void loop(){
  // set the cursor to column 0, line 1
  // (note: line 1 is the second row, since counting begins with 0):
  lcd.setCursor(0, 1);
  // print the number of seconds since reset:
  lcd.print(millis() / 1000);
}

写真も後ほどに。

Arduino NANO (1) AD8232 Heart Rate Monitor

Published by:

経緯

IoT材料を探しに、AD8232 Heart Rate Monitor パーツを購入しました。

添付資料は何もないので、ネットで検索したら、結構出ました。

目の動きも検出できる、いろいろできそう。

回路

参考資料は、Arduino NANOを利用するので、そのままの回路を組み立てる予定。成功したら、ESP8266,ESP32に移植するつもり。

The detailed specification of the Arduino Nano board is as follows:

    • Microcontroller ATmega328
    • Operating Voltage (logic level): 5 V
    • Input Voltage (Recommended): 7-12 V
    • Input Voltage (limits): 6-20 V
    • Digital I/O Pins : 14 (of which 6 provide PWM Output)
    • Analog Input Pins: 8
    • DC Current per I/O Pin: 40 mA
    • Flash Memory 32 KB (ATmega328) of which 2 KB used by bootloader
    • SRAM: 2 KB (ATmega328)
    • EEPROM: 1 KB (ATmega328)
  • Clock Speed: 16 MHz
  • Measurements: 0.73″ x 1.70″

Arduino NANOとAD8232をつないて、LCDまたはOLEDで表示するつもりだが、安定した結果は出ないので、部品の問題か、ソフトウェアの問題か、解決に難航。

部品を買い増すして、検証する予定。

スケッチ

参考資料

  1. https://learn.sparkfun.com/tutorials/ad8232-heart-rate-monitor-hookup-guide